循環器内科

突然の動悸や定期的な不整脈を感じると、とても不安になると思います。

しかし受診の結果、少しストレスが溜まっていただけというように、心臓に問題がないケースもあります。その結果、日々の不安から開放されて安心して生活に戻られる方も多くいらっしゃいますので、まずは「不安を取り除く」ためにも循環器内科の受診をおすすめします。

循環器内科の専門医である院長が、皆様の不安に丁寧にお応えします。

循環器疾患の症状チェック

以下の症状がある場合は、循環器疾患の疑いがあります。早めに循環器内科を受診し、検査を受けられることをおすすめします。

  • 胸が重苦しい、痛い
  • 脈の乱れが突然に、厳しく起こる
  • 呼吸困難や、息切れがある
  • 動悸や脈の乱れの原因がわからない
  • 一日のうちに、頻繁に脈の乱れが起こる
  • 手足のむくみがひどい

症状について 院長コメント

胸が痛い、重い、しめつけられる感じがある

胸が締めつけられたり、強く圧迫されるような感覚とともに胸痛が起こるのは、主に狭心症や心筋梗塞のサインです。

また、胸以外の痛み(腹部や背中の痛み)がある場合も、狭心症や心筋梗塞などからくる関連痛である場合も考えられますので、よく分からない痛みがある場合は、すぐに循環器内科を受診してください。

動悸がする

「動悸がする」とは、「胸がドキドキする」ことを指します。

要因のひとつには、不整脈などの拍動リズムが乱れる異常があります。不整脈の特徴は、動いていないときにも動悸(ドキドキ)が起きることです。

動悸に加えてむくみなどの症状がある場合は、循環器疾患の疑いがあります。まずは循環器内科の受診をおすすめします。

手足のむくみがひどい

「むくみ」は、体の中の水分が、異常にたまった状態のことをいいます。

足のすねを押すと凹んだり、靴下のゴムあとが長時間残る、などの症状がみられます。

顔や足にできたむくみで、起床後2時間程度で引くのであれば、病気の可能性は低いと考えられますが、長時間むくんでいる場合や、体全体がむくんでいる場合などは、病気の疑いがあります。

考えられる病気

心臓病、血管やリンパ管の障害、腎臓病や肝臓病、妊娠中毒症、貧血など。

心臓病について

心臓病は、日本の3大死因のひとつです。その多くを占めるのが「狭心症」と「心筋梗塞」であり、いずれも発作が起きれば命に関わる疾患となります。

小さな違和感でも放置せずに、きちんとケアをしていきましょう。

心臓病の種類

狭心症

心臓の筋肉(心筋)に栄養や酸素を送る血管である冠動脈が、動脈硬化を起こして狭くなる病気です。

心筋梗塞

何らかの理由で血の塊が生じて、急に冠動脈を閉塞させ、心筋の一部が死んでしまう病気です。

心筋症

心臓の筋肉細胞が大きくなったり、心臓の壁が厚くなる、薄くなって伸びてしまうなどして、心臓の機能に異常が出る病気です。

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化によって下半身に血流障害が出る病気です。心臓や脳の血管も狭くなっている可能性が高くなります。

急性・慢性心不全

心臓の機能低下によって全身に血液を送る力が弱まり、さまざまな体の不調を引き起こします。

不整脈

心臓が全身に血液を送り出すために、定期的に起きる脈のリズムが乱れる現象です。不整脈には、危険なものと、特に問題のないものがあります。

心臓病において最も危険な原因となる疾患は、糖尿病、高血圧症、高脂血症です。

合併症として心疾患を引き起こしやすくなります。

心臓の検査と治療

少しでも胸の具合が悪い、脈がおかしいと思ったら、早めに検査・治療を受けましょう。

当院では、循環器内科の専門医が適切な検査と治療を行っています。

心臓の検査

レントゲン検査

心臓の大きさ、形、拍動を調べます。

心電図検査

特に心筋の病気や冠動脈の病気、不整脈の病気の診断に必要な検査です。状態によっては、一日中、心臓の動きを測定する「ホルター心電図」による検査も行います。

心臓超音波検査(心エコー検査)

心臓の形状や弁の状態を調べます。

心臓の治療

患者様お一人おひとりの状態に合わせた、最良の治療方法を提供いたします。

主に、投薬治療や生活習慣の指導を行います。

投薬治療

心臓病の原因となる動脈硬化の進行を抑えるために、投薬によってコレステロール値や血圧を下げる治療を行います。

生活習慣の指導

心臓病は生活習慣病によって引き起こされるケースが多くあるため、ウオーキングなどで運動量を増やし、食事に気をつけるなどの生活指導を行います。

高血圧について

成人における血圧値の分類(mmHg)

 

分類 収縮期血圧   拡張期血圧
至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 <130 かつ <85
正常高値血圧 130-139 または 85-89
I度(軽症)高血圧 140-159 または 90-99
Ⅱ度(中等症)高血圧 160-179 または 100-109
Ⅲ度(重症)高血圧 ≧180 または ≧110
収縮期高血圧 ≧140 かつ <90

すなわち、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされている。しかし、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされている。

高血圧の合併症

粥腫(アテローム)形成され、動脈硬化が形成され「脳血管障害」「心臓疾患」「腎臓疾患」「血管疾患」を来す

脳卒中(脳出血と脳梗塞)
虚血性心疾患
心肥大、心不全
腎障害
動脈瘤
閉塞性動脈硬化症
高血圧性網膜症
などの合併症がある

家庭血圧測定

日本高血圧学会による「家庭血圧測定条件設定の指針」

1.測定部位:上腕が推奨。手首、指血圧計の使用は避ける
2.朝の場合は、起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前の安静時、座位1-2分後に測定
3.夜の場合は就床前の安静時、座位1-2分後に測定
4.朝夜の、任意の期間の平均値と標準偏差によって評価
5.家庭血圧は135/85mmHg以上は治療対象、125/75mmHg未満を正常血圧